食べ残しも良し悪し

子どもの発育にとっては不可欠とも言えるようになった学校給食。ところが、先生から給食を全部食べる、いわゆる完食を指導されたことがきっかけで、不登校になったり体調を崩したりするトラブルが相次いでいるとか。う~ん、これは確かに難しい課題。中には行き過ぎた指導をする先生もいるかも知れませんが、嫌いな物でもチャレンジしてみることは決して悪いことではないでしょう。しかし「食育の下で、残食率の目標値をクリアしないと校長から叱咤されるので…」、それでは本末転倒になりかねませんね。