増え続ける認知症、対策は?

認知症は増え続け、2025年には何と全国で730万人、65歳以上の5人に1人は認知症になると予測されます。それに対応すべく、厚労省は3年前から「新オレンジプラン」を作成して「認知症サポーター」の養成をスタートしました。しかし、この動きについて知っている人はどれだけいるかと言うと、わずか5%程度。ほとんどの国民には浸透していませんね。折角良い試みをしているのですから、何とか周知に努めるべきでしょうが、作っただけで満足してしまう傾向があるのでしょうか。