地域限定はイヤ?

地方での医者不足解消に向けて、医学部卒業後に学んだ地域で一定期間働いてもらう制度、いわゆる「大学医学部の地域枠制度」があります。しかし折角設けた、「地域の募集枠」がなかなか埋まらない実態が明らかになりました。2割超の欠員が出た大学が22大学。地域とは言えない都心の大学でも、欠員があるというのは驚きです。もちろん職業選択の自由は憲法に保障されているけれど、地域に縛られるのはイヤという風潮なのでしょうか。今後とも地方の苦闘は続きそうです。