先生も頑張っていますが…。

教育現場で頑張っている先生、ただ残念ですが病気休職中の先生が7800人近くいて、その内65%が精神疾患であるようです。さもありなんという数値ですが、その疾患を抱えた先生で今年4月1日時点で復職したのは約2千人、まだ休職続行中は約2千人、退職は約1千人と分かれたようでした。働き方改革による、多忙と長時間労働の改善がどの程度寄与するかは別として、先生同士、そして生徒や保護者との人間関係におけるサポート体制をしっかり組立てる必要性も十分ありますね。