たかが1円、されど1円

昨今のキャシュレス決済の普及に伴い、1円玉など少額硬貨の流通量が減っております。「小銭ははっきり言って邪魔」とか、「現金を使うのは割り勘で払う場合のみ」といったようなキャスレス派がこれからも増えそうです。確かに、1円玉の流通量は15年前に比べて8%減、既に3年前から流通用の1円玉製造はストップとなりました。でも、ちりも積もれば…、と言うようにコツコツ貯金箱に溜まる1円玉も捨て置けないですよね。