遺伝子操作で双子が誕生

中国で遺伝子情報(ゲノム)の編集技術を受精卵に施し、人為的に双子を誕生させました。世界で初めてのことですので、大きな波紋を呼んでいます。昨今はこのゲノム編集を駆使して様々な病気を治す研究も進められ、まさに百花繚乱時代。と言うのもゲノム編集はじめ、生殖医療のルールを定めた法律もないので、やはり医療行為についてもしっかりとした規制の枠組みが必要ではないでしょうか。