歌うぞ!第九

本日昼過ぎから、地元の公会堂ホールにて人生で初めてベートーベンの第九「歓喜の歌」を歌うことになりました。昨年6月から公募して集まったのが、圧倒的に女性。少数の男性陣に混じって頑張ります!この第九は遡ることちょうど100年前。第一次大戦中、当時は敵国であったドイツ俘虜兵を徳島で収容していた際に、丁重に扱ったとのことで、返礼の意味を込め兵士が歌ったのが発端。今では日本だけが年末の風物詩となっておりますね。