こんなにも大きい、所有者不明土地

確かに街を歩いていると目立つようになりました、空き家や空き地。都市部でもこうですから、地方に行けば行くほど多くなっていくのではないでしょうか。現時点での所有者不明の土地は、推計によると全国で410万ヘクタール。このままいくと20年後には、700万ヘクタールを超えるとか。全国の耕地面積が470万ヘクタールですから、どれほど広いか分かりますね。法務省は躍起になって、所有者不明土地をなくす制度を作るようですが、果たして実効性が保てるか分かりません。