がんばれ池江選手!

メダルに最も近い選手と言われていた水泳の池江選手が白血病であるというにショッキングなニュースが全国を駆け巡りました。ご存知の通り、白血病は血液のがんの一種で、若い世代で罹患する割合が最も多い病気です。血液の成分中、赤血球は全身の組織に酵素を運び、白血球は病原体とたたかい、血小板は血液を固めて出血を止める働きをします。白血病は、こういった血液をつくる機構に異常が生じ、白血球ががん化した細胞(白血病細胞)となって無制限に増殖することで起こります。急性と慢性によっても違いますが、技術の進歩とともに7割以上が治癒しておりますので、今は治療に専念して、何としてもカムバックを心から期待しましょう。