いまさら聞けないKって何だ?

4k、8k時代と言われる本年。ところでこの飛び交うkって何…、これを正確に言えるのはどのくらいいらっしゃるでしょうか…。そう、kとは画面を構成する画素数のこと。2Kは横1920×縦1080=約200万画素であるのに対し、4Kは横3840×縦2160=約800万画素。つまり、同じ画面サイズなら、4Kは2Kよりも画素が4倍高密度、8kならば16倍で映像が緻密になります。もっとも画素とは、デジタル画像における色情報を持つ最小単位を表し、画素数とは1つの画像を表現するのに使用される数の総数ですね。いやはや勉強になります。