AIの確かな目

この分野でも着実にAI化が進んでいるようですね。患者の病変を見つける作業において、その部位が悪性なのか、ガン化するものなのか等につき、医師の目では7割程度と言うのに、AIではその正答率が9割を超えたようです。ただAIも過去のデータの蓄積に基づくものなので、誤診データも取り込んでいくリスクもあります。またAIによりガンの見落としが生じた場合、その責任は一体誰がとるのか、そんなこともルール化していく必要も生じてきますね。