役立たずの国会

経験者からすると、やはり手厳しい結果を言わざるを得ませんね。17~19歳を対象とした意識調査によると、「国会は国民生活に役に立っているか」「国会が有意義な政策論争の場になっているか」との質問に対し、「思う」はわずか5%、「思わない」は55%、というものでした。「議論がかみ合っていない」「政策以外のやり取りが多すぎる」云々。これは若人ならずとも感じる印象でしょうけど…。