令和フィーバーを感じる

国民の知るところとなりました「令和」の由来は万葉集。梅花の歌32首の序文に記されている「初春の令月にして、気淑(よ)く和らぎ」から採用されました。紀伊国屋書店では、万葉集を解説している文庫本の4月の売上は前月の100倍でして、また大宰府にある坂本八幡宮では、御朱印をもらうために3時間以上の長蛇の列です。フィーバーに乗り易い国民性でしょうが、まあ連休中はどう過ごすかでしょうね~。