正確さは日本の宝

勤勉な国民性からも来ているのでしょう、時間に性格といえば世界に冠たる我が国の鉄道。昨今、人身事故などで遅延があるとは言え、全体の定時運行率は90%を優に超え、その遅延時間でも、例えばIR東日本の在来線で1.1分、新幹線に至っては何と24秒というのですから、凄いの一言です。鉄道が敷かれた明治、大正時代は平気で1時間以上遅れるのも当たり前でしたが、国家の命運をかけた戦いが歴史上で記されていますね。いや勉強になります。