新幹線の歴史

東海道の車両の色。それはお茶の緑と、ミカンの橙を掛け合わせたデザインと聞いてきましたが、それでは新幹線の「白と青」は…?普通なら、青い海と白い砂をイメージしますよね。しかし真相は当時、色決めの協議が難航している際、机上のタバコ(ハイライト?)からパクったものでした。へえ~、結構単純なものだと今更ながら知りました。