お悔やみマナーの再確認

猛暑の中での礼服は結構つらいものがありますが、人の死に対しましては誠意をもって応えましょう。そこで、知っているようで何気なく扱っているお悔やみマナー。香典の金額や、それに合わせた不祝儀袋の種類、また香典返しを受ける際には「有難うございます」はNGで、「頂戴します」が正しいこと。勿論大切なのは、形式よりも本人の気持ちではありますが…。