盲導犬の許容度

年々減っているとは言うものの、盲導犬を連れていることで、入店や施設利用を拒否された視覚障害者が53%に上っております。特に飲食店では8割がお断りという状況。色々な理由があるでしょうが、盲導犬は視覚障害者にとって目であり体の一部であることにつき、広く受け止められる環境作りが必要です。