児童虐待に向き合って

増える一方の児童虐待、全国的にその相談件数もうなぎ登り状態です。児童相談所は県や政令市に設置が義務付けられていますが、人口20万人以上の中核市にも設置すべきとの声が上がっております。現時点ではわずか全体の10%そこそこ。神奈川県では横須賀市のみ設置済み。人材確保、運営コスト、また県との役割分担を明確にして、しっかり前向きに取り組むべき課題でしょう。