やはり子供との対話を

万が一の場合、地域の避難場所や家族の集合場所について、子どもも理解している家庭は3割弱。そもそも災害時の対応について、子どもとしっかり話し会っている家庭が5%に満たないので、例えばどこに非常食があるのかも知らない子ども達ばかり。防災の日に向けて、今一度振り返る必要ありです。自省を込め、我が家も向き合おうと思います。